大切にしていること

時間
住みたい家像を見つけ出すには、信頼関係を築き、価値観を共有することが大切です。
その為に時間をかけて納得するまで話し合います。
家づくりがスタートしてからは、図面だけではなく模型を作り、間取りや動線を確認します。
商品や素材に関しては、サンプルで実際の質感を確認したり、
ショールームや実際使用している方の生の声などを参考にしながら決めていきます。

手しごと
積極的に職人さんや作家さんと「ものづくり」をしています。
今までにランプシェード、表札、鉄の取手、テーブル、テレビボードなどを作ってきました。

顔と顔
お客様・設計者・職人さん・・・・
みんなの顔がわかる事により信頼感が生まれます。

シンプル
家の形や間取りをはじめとして、ただ使い勝手いいだけではなく、ただ美しいだけではない、
「潔い機能美」を追求しています。

バランス
「素材と素材のバランス」
木と木、木と石・・・木や石などの自然素材は種類によって表情が違うのでその素材の特性を知ることが大切です。
「床、壁、天井、窓のバランス」
それぞれの位置や大きさなどを確認するために模型を作り検討します。

集まる
家の中心の場に「大きな無垢の木のテーブル」を置くことをお勧めしています。
温かみのある無垢のテーブルは食事だけでなく、子供が勉強する場になったり、お母さんがアイロン掛けをする
家事の場になったりと多目的に使うことができ、自然と家族がいつも集まる場になります。

楽しむ
経年変化を楽しむ。
家は時間の経過と共に変化していきます。
大切な家族と末永く暮らすために維持、管理、補修は必要です。

お付き合い
住み心地はどうですか?
完成してからが永いお付き合い。
定期点検をはじめ、折に触れお伺いしております。